HOME > 生徒さんの声 > 文科系学部 合格体験記

文科系学部 合格体験記

立教大学(現代心理学部)K.Kくん

構文を暗記することしか知らなかった私は、高志館で本当の意味での英語の学び方を身につけることが出来ました。

参考書にはたくさんのフレーズが載っていますが、語順言語である英語においてその全ての順番には意味があり、そしてその順番のルールは基本的な文法に集約します。

そして私自身も、文法を身につける段階から分からないものに遭遇した時の対処法までご指導頂いたほか、分からない構文も毎度一つ一つ質問して考え方を身に着け、レベルの高い文章も自分の力で読み進めていけるようになりました。

​パズルを解くような感覚を得ることができればきっと英語をものに出来るはずです。

上智大学(文学部新聞学科)Nさん  磐城高卒 予備校コース

 

 僕の浪人生活において最も幸運だったことは、この年から高志館の予備校コースが始まったというこの一点に尽きる。とにかく僕は高志館の先生方に頼り、気になることは何でも質問し、宿題を愚直にこなし、ほぼ毎日塾に通った。これが僕の受験の最も大きな勝因だと思う。


 英語の授業においては、小野幹夫先生の実践的かつ英語という言語の根本から学びなおすような明快な授業が僕のちぐはぐだった英語力を一から鍛えなおしてくれた。そのユーモラスな言動で僕らを和ませつつ、どんな質問にも真摯に対応して下さった先生には心から感謝している。

 このような頼りになる講師陣のおかげで僕の受験は成功したのだと確信している。実際僕が合格したTEAP利用型の受験方式は高志館から提示されたものだ。これから高志館に入る人たちは、是非先生方を信頼し、勧められた勉強法を試してみることをおすすめする。まずはそこからはじめて、自分のなかで気づいたことがあればそれを踏まえて勉強方法をアレンジしてゆけばいいと思う。

 最後になるが、浪人生活とはストレスとの戦いである。 SNSを覗けば現役で合格した連中の笑顔があなたを苦しめることと思う。だが、自分が感じているほど彼らとの距離は遠くなかったのだと、今そう思う。高志館の先生方、本当にありがとうございました。

中央大学(経済学部)S.M.さん 磐城高卒 予備校コース 

 

 私の現役時代は部活中心で、疲れて家では勉強も手につかない日々が続きました。成績もガクッと下がって(偏差値40前半まで・・・)これはマズイ!!、と3年になってから慌てたのですが、時すでに、というやつで志望大学には全然届きませんでした。かろうじて受かっていた第一志望とはほど遠い大学に通うか迷っていた時、親から高志館に予備校コースができるという情報を受け、考えた末にお世話になることを決めました。

 3年になって理系から文転した私ですが、文系なのに国語、英語が苦手という有様でした。しかし、毎日高志館に通い、現役時代の自分の欠点を見つめ直すことができました。

​ 英語の授業はまさに「目から鱗」”英語は暗記ではない”という小野先生の授業はユーモラスで実践的で基礎から学び直すことができました。大学ではTOEIC等もあるようなので、まだまだ小野先生の授業を引き続き受けたいくらいです。

 高志館の先生方の大学受験のエピソードや大学生活なども笑える話も聞かせていただいたことも精神的な癒やしになりました。​入塾を検討している方は実際に一度いってみることをお勧めします。高志館は受験の戦略立案をしていただけるそれぞれの分野のエキスパートがそろっている場所なので、安心して任せられると思います。

 自分の目標にこだわってちょっとだけ遠回りした一年間でしたが、僕の人生の中で貴重な、決して無駄ではない時間となりました。先生方、本当にありがとうございました。

東北福祉大(教育学部)Yさん   いわき光洋高校卒業  

 

 私は第一志望大学は二年生の頃に決めていました。しかし模試ではいつもE判定で、特に英語が最悪でした。長文は読んでも分からない単語が多すぎるし時間がかかって解き終わらないためハナから諦めていました。でも、センターで長文の配点は一問6点で、やらないと大変な失点です。英語を何とかしようと三年生の9月から高志館で勉強を始めました。

 

 最終的には、センタープレテストで200点中70点台でしたが、本番では最後の長文も全部解き、100点を超えることができ、30点以上上がりました。私にとってはすごい点数です。


    また、私にとってよかったことはどんなに些細なことでも相談できたことです。私は推薦入試も受験したので、志願理由書から自己PR文、小論文の添削もしていただきました。志願理由書の添削は学校でもしてもらえますが、1対1で私の文章だけをみてもらって、授業内で何度か書き直し納得のいくものが書けたと思います。先生とはさまざまなことを話しました。それが面接にもいかされたと思います。


   「苦手」や「出来ない」も、一つ一つ教わって何度も繰り返すことで「思ったほどできなくない」と思えてきて、点数が伸びていくことで勉強のモチベーションに繋がりました。第一志望の大学に合格できたのは、何でも話せる頼れる先生と一緒に頑張って来れたからだと思います。高志館に入塾して本当に良かったです。

茨城キリスト校大学(生活科学部)I.S.さん   ふたば未来学園高校卒業   

 

Q1. 大学受験に向けて準備してきたことは?
A1. 推薦入試を見据え、高校入学時から定期テスト対策の指導を受けてきました。最初は学部学科も定まっていなかったので、評定4.5以上キープを目標とし、高校1年の時は苦手な数学と英語、2年次からは国語と英語のサポートをして頂きました。将来の目標が出来てからは、私自身も勉強により力が入りました。

Q2. 苦労したことは?
A2. 私は中学生の時に不登校だった時期があるため、基礎力が十分でない科目・内容がありました。そのため、高校入学直後には苦労しました。性格的にも、ブランクを考えても、推薦入試で大学進学を狙う方法が合っているだろうと先生と相談し、とにかく定期テストで高得点をとれるよう、必死に勉強しました。特に弱かった英文法は、高1の夏休みに中学の内容を再復習して不安を解消しました。

Q3. 努力したこと・成果が出たことは?
A3. 普段の勉強の中で、疑問点を残さないように心がけていました。特に英語の和訳は、英文にない単語の意味まで加えて訳してしまうことで内容が掴めなくなる癖があったので注意しました。わからない問題は塾で質問し、納得が出来るまで説明を受けるよう心がけていたので、定期テストで安定して良い点数がとれ、評定も上げることが出来ました。

Q4. その他、受験を終えての感想など
A4. ずっと11月の推薦入試を目指して準備してきましたが、AO入試にもチャレンジしてみることを高3の夏前に急に決めました。だから、9月に合格通知が届いた時には暫く実感が沸きませんでした。ブランクがあっても第1志望の大学に合格できたことで、諦めずに努力し続けてきて本当に良かったと、長かった受験を終えてホッとしています。早くに合格してしまった為、出来た時間を利用して、合格後も塾で大学の授業に備えた英語の勉強を継続しています。
 大学では同じ目標を持った人たちが集まるので、互いに切磋琢磨し合える仲間をみつけ、充実した大学生活を送りたいと思っています。​

​いわき高志館/学習塾/全日制予備校